その他

基礎化粧品とエイジングケアを見直す理由は肌の仕組みにある〜美容液で潤いをプラス〜

肌は常に外気と接し、私たちの身体を様々な刺激から守っています。普段は見過ごしがちですが、実は生まれ変わりながらダメージから身体を守るという、とても大切な働きをしているのです。エイジングケアにあたって知っておきたい肌の仕組みと、肌を老化させる原因についてご紹介します。

知っておきたい肌の仕組み

黒板に書かれたポイントの文字

肌は、外界の様々な刺激から身体を守るために日々摩耗し、体内から新しい細胞が生まれては再生し続けています。皮膚は「表皮」と「真皮」の主要な2層で構成されています。最も外側にある表皮はわずか0.2mm程度しかなく、ラップのように全身を覆う形で、外気から身体を守っています。

そして表皮の裏側にある真皮は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどから構成され、肌のハリや弾力を保っています。

表皮はさらに4層で構成されていて、内側から順番に「基底層(きていそう)」→「有棘層(ゆうきょくそう)」→「顆粒層(かりゅうそう)」→「角質層(かくしつそう)」となっています。最も内側にある「基底層」で新しい表皮細胞が作られ、細胞は形を変えながら上へ押し上げられます。

最後は外側の「角質層」へ変化し、古くなった角化細胞は垢として剥がれ落ちる仕組みになっています。

この細胞が生まれ変わるサイクルを、ターンオーバーと呼びます。ターンオーバーの正常な周期はおよそ28日ほどですが、この周期は年齢やホルモンバランス、紫外線によって左右されます。

肌を老化させる原因とエイジングケアのポイント

疲れを感じている女性

肌を老化させる原因は、大きく3つに分けられます。エイジングケアでは以下の3つのポイントを意識してケアを行いましょう。

年齢

年齢を重ねることで角質の潤いを保つ保湿成分が減少し、お肌の機能そのものが衰えていきます。お肌のターンオーバーが乱れたり、修復力が衰えていくのは誰も避けることはできません。

疲労

ストレスや生活習慣の乱れ、季節の変化などによって、肌にも疲れが溜まります。お肌のザラつきやくすみ、ゴワゴワなどは肌に疲労が蓄積しているサイン。こうした疲労が蓄積されると老化が進んでしまいます。

紫外線

紫外線が真皮に入り込み、細胞を傷つけることによってお肌の老化が加速します。肌内部で活性酸素が発生し、シミやシワを引き起こす原因にもなります。

間違ったスキンケアも肌を老化させる原因です。衰えた肌に対するエイジングケアのお手入れでは、強い力を加えないように注意しましょう。洗顔のときに気になる部分をゴシゴシこすったり、美容液やクリームを強く塗り込んでしまうのはNG。かえってダメージを与えてしまうことになります。

基礎化粧品を使う際も、ゆっくり優しくお手入れするようにしましょう。

プラセンタ美容液などの基礎化粧品はマヒナラボラトリーズへ

マヒナラボラトリーズでは、肌のことを真剣に考えたオリジナル基礎化粧品を販売しています。手の温もりが素肌と心に伝えることのできる「人の優しさ」を大切に、基礎化粧品の品質と素材にもこだわりました。

プラセンタ美容液「マヒナ プレミアム エッセンスP」は、希少な生絞りプラセンタエキスをたっぷり配合し、潤いのある健やかな素肌に整えます。純正酢酸リナリル配合の「マヒナ ボディクリーム オリジナル」は、甘く気品のあるプルメリアの香りが特徴です。基礎化粧品をお探しの方は、マヒナラボラトリーズのコスメをぜひお試しください。

エイジングケアの基礎化粧品を購入するならマヒナラボラトリーズ

会社名 株式会社MAHINA LABORATORIES
住所 〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸3-24-19 グラン レ・ジェイド201
URL https://mahina-lab.com/
代表者 代表取締役 須藤 亜矢子
事業内容 医療品、医療部外品及び医療用品の販売
化粧品の販売